space.gif

徳島映画センター。徳島県内での映画会・上映会は私達にお任せください。

文字の大きさを変えられます。 印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

徳島映画センター 新規配給作品

space.gif

アンダンテ~稲の旋律~ 徳島県内での上映は、徳島映画センターへご相談ください。

カレーライスを一から作る

関野吉晴による「食」の探検 一杯のカレーライスに何を知る?

第二探検家・医師の関野吉晴さんによる武蔵野美術大学の課外ゼミ、通称関野ゼミの2015年の活動は「一からカレーライスを作る」というユニークなものだった。 野菜や米・肉はもちろんスパイスや塩、器やスプーンまでも全て自分たちで作る途方もない計画だ。「モノの原点がどうなっているかを探していくと社会が見えてくる。カレー作りを通して学生たちにいろいろなことに”気づいて”もらいたい」 この呼びかけに100名を超える美大生が集まった。「おいしいカレーが食べたくて・・・」そんなつもりで始めたが思うように野菜は育たず、雑草に悪戦苦闘。 一杯のカレーのための果てしない道のりに、多くの学生が挫折する一方、世話に励むあまり家畜に愛着がわき、殺すべきか葛藤する者も・・・。これは「食べる」「生きる」という、人間にとってごく当たり前で基本的な営みを見つめ直すドキュメンタリー映画である。。

公式ホームページ http://www.ichikaracurry.com/

ヒトは他の生き物を食べなくては生きられない。でも生き物って何だ。そんな単純なことがわからなくなった現代を、食の一切を体験することによって考えなおす衝撃の授業。
…山極寿-(霊長類学者・京都大学総長)

ひと皿のカレーライスによって社会を解読し、同時に個人の生き方まで問うてくる。なんと刺激的でクールな試みだろう。
…平松洋子(エッセイスト)

私たちは「たくさんの命」を食らい、自らの命を紡ぐ。今、その命を育む「食」が歪められている。関野ゼミの学生さんたちがこの歪みと格闘する姿は、動物を屠ることを生業とする者として、頼もしく感じる。
…栃木裕(全芝浦屠場労働組合委員長)

たった一皿のカレーライスを食べるのに9カ月もかけるなんて、常人では思いつかない。登場する学生たちの気持ちの移り変わりが観る者の胸を打つ。最後に、カレーライスの匂いが漂ってくるような映画である。 
…藤田和芳(大地を守る会代表)

この現代社会においてなんと酔狂な。関野さんはいつもながら「遊び」の達人。でも遊びの中にこそ「学び」があると気づかせてくれるのも関野さんなのだ。
…高野秀行(ノンフィクション作家)