space.gif

徳島映画センター。徳島県内での映画会・上映会は私達にお任せください。

文字の大きさを変えられます。 印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

徳島映画センター 新規配給作品

space.gif

ここに生きる

ここに生きる

舞台は宮崎県延岡市。森と海の豊かな自然に恵まれ、幾筋もの清流が流れ込むこの地には、26年間続く「第九を歌う会」という市民活動がある。今年もまた、桜の木が青く萌え、鯛名町の草フグの産卵が始まる頃、年末のステージに向けた結団式が開かれる。田植えの季節が美しく流れていくころ…。

齢八十を超えた老夫婦、生き方に悩み惑う少女、僻地医療を支える医師、畜産で命を育み音楽を愛す母、バイオリン作りに魂を注ぐ職人。そんな様々な団員達のサポートに情熱を燃やすが自身は決して歌わない離島の女。「音楽」という名の縦糸と「人」と言う名の横糸が交差して、その年ごとの人生模様を含んだ合唱が作られるのだ。

季節は夏。道標を探して飛び込んだ第九の世界で、少女は迷い、苛立ち、沈んでいた。しかし、そっと寄り添い温かく見守る仲間に支えられ、少しずつだが前を向き始める。秋、診療所の医師は僻地医療の限界に直面しながらも、妻と力を合わせて命を守っていく覚悟を新たにする。冬、遠く離れた都会の片隅で心をざわつかせる男もいた。20年前、第九を歌い輝いていた故郷を捨て、未だ成功者になれず帰る場所を失った男だ。

そして北東の風が吹き始める12月。今年もまた第九の幕が開く。

公式ホームページはこちら