新規配給作品

徳島映画センター配給作品 カランコエの花

カランコエの花

「うちのクラスにもいるんじゃないか?」

とある高校2年生のクラス。ある日唐突にLGBTについての授業が行われた。しかし他のクラスではその授業は行われておらず、生徒たちに疑念が生じる。「うちのクラスにLGBTの人がいるんじゃないか?」生徒たちの日常に波紋が広がっていき・・・。
思春期ならではの心の葛藤が起こした行動とは・・・?

当事者ではなく周囲の目線で描く

近年社会問題として国際的にもメディアで取り上げられている「LGBT」。当事者を主とした恋愛や状況を描いた映画は国内外で広く発表されている中、それを"取り巻く周囲の人々"にフォーカスをあてることで、彼らの過剰な配慮によって翻弄されていく当事者を描いたこれまでにない視点の映画作品。また、それが観客に対するリアルなメッセージとして感動を与え、インディーズ映画祭りでグランプリを含めた数々の賞を受賞。 さらに今若手女優として注目度の高い今田美桜を主演に起用し、等身大の女子高校生の心の動きを新鮮な演技で描いた点も見どころとなっている。