space.gif

徳島映画センター。徳島県内での映画会・上映会は私達にお任せください。

文字の大きさを変えられます。 印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

徳島映画センター 新規配給作品

space.gif

アンダンテ~稲の旋律~ 徳島県内での上映は、徳島映画センターへご相談ください。

いつまた、君と~何日君再来~

俳優 向井 理の祖母の手記を映画化! 戦後を生き抜いたすべての家族の物語

俳優 向井 理が祖母の卒寿のお祝いに、家族や親せきと自費出版して贈った祖母の手記を、向井自ら映画化に向け7年の歳月をかけて企画した意欲作。主演である祖母・芦村朋子役には尾野真千子。向井自身は祖父・吾郎役を演じ、ふたりは夫婦役としては初共演となった。

更に、朋子と吾郎の末娘である現代の真美役を岸本加世子、吾郎の先輩・高杉幹夫役に駿河太郎、朋子の父親・芦村忠役にイッセー尾形、現代の朋子役を野際陽子が演じるなど、演技派の名優たちが脇を固める。また、大学生の"理"役は、新人俳優・成田偉心が起用された。

脚本は、向井理の俳優としての転機となったNHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の脚本家、山本むつみ。同ドラマの撮影終了後、向井が直接原作を手渡し依頼したことで実現した。監督には『60歳のラブレター』(09)など、実話を元にした物語を繊細かつ丁寧に演出し、味わい深い作品を残してきた深川栄洋。

戦後70年を超え、想像をはるかに上回る急成長を遂げてきた日本。こうした背景には、映画にもドラマにもならなかった人々の生活があった「いつまた、君と~何日君再来~」は、特別な人の稀有な逸話ではなく、ごくごく普通の暮らしを懸命に生きてきた人々の物語である。だからこそ、いま、伝えておかなくてはいけない、知っていて欲しい大切なメッセージが詰まっている。

現代の私たちの心をも揺さぶるに違いない、すべての日本人へ捧げる、あなたの家族の物語ー。
こうして始まった千華と晋平の交流は、千華のひきこもり生活を徐々に変化させていくのだが・・・

不器用だけど明るく生きる、実在の夫婦と家族の姿を通して、日本人のたくましさ、誠実な生き方を描く、愛の実話。

81歳になった芦村朋子は、不慣れな手つきでパソコンに向かい、亡くなった夫・吾郎との思い出を手記として記録していた。
しかし、朋子は突然病に倒れてしまう。
そんな朋子の代わりに、孫の理が『何日君再来』と題された祖母の手記をまとめていくことに。

綴られていたのは今まで知る事の無かった、戦中・戦後の困難な時代を生きてきた祖母・朋子と祖父・吾郎の波乱の歴史と、深い絆で結ばれた夫婦と家族の愛の物語だったー。