space.gif

徳島映画センター。徳島県内での映画会・上映会は私達にお任せください。

文字の大きさを変えられます。 印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

徳島映画センター 新規配給作品

space.gif

ひまわり 徳島県内での上映は、徳島映画センターへご相談ください。

ひまわり

~沖縄は忘れない、あの日の空を~

4人に1人が犠牲になった、あの悲惨な沖縄戦から一命を得た沖縄県民は、漸く戦争のない時代を迎え日常の暮らしを守るため一生懸命働いていた、その矢先の1959年6月30日、突然、米軍のジェット戦闘機が石川市(現うるま市)の住宅街へ墜落しジェット戦闘機は明かを押しつぶしながら宮森小学校に燃料を撒き散らし、炎上しながらコンクリートの校舎に激突した。住民6名、学童11名の尊い命を一瞬に奪い、重軽傷児童154名、住民56名を出す大惨事となった。そこはまるで生き地獄の有様だった。沖縄戦で多くの命を失った県民にとって、戦後生まれの子どもたちは真に沖縄の希望の星であった。基地さえなければ子どもたちは尊い命を犠牲にすることもなかった。それだけに遺族をはじめ、県民の嘆き悲しみは尽きることなく52年たった今日まで続いている。

沖縄の戦後は、はじめに米軍基地ありきだった。その後、サンフランシスコ講和条約等によって日本は独立したが、米軍の沖縄占領は続いた。1972年に沖縄返還は果たされたが、米軍は駐留を続け、「核も基地もない沖縄を!」の県民の願いは退けられたままである。今日まで日米両政府は沖縄に多大な基地を押し付け県民の犠牲を強いている。その間、米兵による少女暴行事件、沖縄国際大学へのヘリコプター墜落事故等々、危険な基地被害は後を絶たない。2009年、時の首相が普天間基地問題で「普天間基地は国外、最低でも県外へ」の公約は県民へ希望を抱かせた。しかし、その公約は無残にも破棄された・・・。

公式ホームページはこちらへ・・・

「ひまわり」徳島県内上映案内

阿南市

日時
3月23日(土)①14:00~15:50②16:30~18:20③19:00~20:50
場所
阿南市民会館・夢ホール
前売り券/1000円(大学生・一般)
平惣書店 センター店、羽ノ浦店
アピカ
中富書店

鳴門市

日時
4月20日(土)①10:30②13:30
場所
鳴門市文化会館
前売り券/900円(大人・子供共通)
お問合せ/徳島映画センター(088-631-5847)

徳島市

開催日/場所
5月11日(土)/シビックセンターホール
5月12日(日)/ふれあい健康館ホール
上映時間(両日とも 1日3回上映)
①10:00
②12:15
③14:30
前売り券/1000円
徳島でみれない映画をみる会・徳島映画センター共催(088-631-5847)

北島町(創世ホール名画鑑賞会 Vol.17)

日時
5月18日(土)①10:30~12:20②13:30~15:50
場所
北島町創世ホール
前売り券/1000円
お問合せ/創世ホール(088-698-1100)